<< 金髪の社員 | main | 今日は仕事OFF 〜バイクでツーリング〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.11.03 Thursday |  | - | - | - | 

石鹸会議

今日は月に1度の『石鹸会議』が工場・休憩室で行われた。
石鹸会議の目的とは・・・

日本一の石鹸を作ろう!

・・・である。

で、↓こちらが言い出しっぺの“Oさん”。今日の会議で発表された、新しい透明石鹸の試作を見つめている。目が生き生きしているね!
060624石鹸会議の尾崎さん

Oさんと初めて会ったとき、こんな会話をやりとりしたのを覚えている。※約4年前


私「うちの会社は、色々なテーマの研究開発を行っているけど、どれか1つは必ず“日本一”の称号を取ろうと思っているんですよ。」

O「それは素晴らしい! 御社(サティス製薬)は石鹸も製造していますが、石鹸も日本一を目指しているのですか?」

私「いや、残念ながら石鹸開発は製品開発だけで、研究開発テーマには組み込まれていないんです。」

O「それはもったいない。石鹸の製造をしている会社自体少ないが、研究開発をしている会社となると、それはそれは非常に数少ない。つまり競争相手が少ないのですよ。」

私「つまり、容易に勝てると?(身を乗り出す)」

O「いやいや、そうではありません。化粧品の中で、石鹸は最も歴史があります。石鹸の歴史は5,000年に渡ると言われていますから、それは言い換えれば5,000年間研究されてきたと言う事です。ですから、石鹸は既に“完成”された状態で、新しい分野の研究余地は無いのかも知れません。」

私「私も同感です(乗り出した身を戻す)。ですから、既に完成された石鹸ベースには手を付けず、それに“味付け”を施す製品開発だけに特化しているのです。」

O「なるほど。でも『石鹸が完成している』という考え方は、5,000年かけた石鹸の歩みが、時代時代の研究者の選択・決断が全て正しかった事を前提にした考えです。」

私「おっっ!(再び身を乗り出す) つまり、石鹸を自分に置き換えた時、今の自分があるのは数ある人生の分岐点を「右」「左」「左」「右」・・・と選択して来たからであって、どれか一つでも選択を変えていた場合、今と違った自分がいるという事ですね。私は高校中退ですが、もし高校を卒業していたら・・・、大学に進学していたら・・・、間違いなく今の自分はいない、と言う事ですね!?」

O「はい。石鹸の“今”を進化させる事も必要ですが、原点に振り返って、歴史を見直してみるのも必要だと思うのです。」

私「温故知新。私の好きな言葉の一つですよ。」

O「石鹸を研究している会社が少ないと言う事は、歴史の見直しをする会社も少ないと言う事です。ですから、チャンスはあるのです。日本一の石鹸を作るチャンスがあるのです。」

私「日本一の石鹸・・・(なんていい響き〜)」

O「どうしました?」

私「お、お、Oさん! 私と一緒に『日本一の石鹸』を作りませんか!!」

O「はい、やってみましょう(^^)」 


こうして『石鹸会議=日本一の石鹸作ろう!プロジェクト』が発足した。
石鹸日本一という新しい目標が持てたのは、何と言ってもOさんのお陰。
プロジェクト発足当時はOさんと私の2人ぼっちだったが、今では7人のチームに成長した。そして“会議”が開けるようになった。これもOさんのお陰。
私はOさんをもの凄く尊敬している。技術者として尊敬するのは当然だが、人としても凄く尊敬している。

Oさんが以前こんな言葉を発した。
「もっと自分が若いときに、この仲間と出会いたかった。そして、一緒に仕事をしたかった。」

Oさん、なんか別れの言葉みたいじゃん。
そんな悲しい事言わないでよ。
人生常に“今から”だよ。(偉そうにごめんなさい)
振り返るのは『石鹸の歴史』だけにして、“今”を一緒に仕事しよう!
明日も一緒に仕事出来るように、“今”を懸命に仕事しよう!
ねっ!

一般読者の方々(いないか?)、内々の話で申し訳ございませんでしたm(_ _)m
次の機会に、石鹸会議の内容を詳しくお話しますのでお許しを。
ちなみに、次回の石鹸会議は「7月22日(土)」の開催予定です。
2006.06.24 Saturday | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 研究・開発 | 

スポンサーサイト

2011.11.03 Thursday | 21:55 | - | - | - |